町田・相模原での起業・会社設立をサポート(株式会社・合同会社設立)

お問い合わせ無料相談はこちら

創業ブログ

設立登記のファストトラック化

2018年03月23日 | 町田・相模原での創業サポート事務局

会社の設立は登記申請日が会社設立日となりますが、実際は登記申請してから1週間から長くて2週間程度後でないと、登記が完了しないので会社の登記簿謄本や印鑑証明書を取得できませんでした。
司法書士としては結構気を使う部分でありまして、お客様に設立希望日をお聞きしてその日に設立登記を申請するのですが、きちんと説明していないと設立日当日に銀行などで口座開設をする予定を入れてしまっているケースがあります。
設立日当日には、申請したばかりですので当然会社の登記簿謄本を取ることができませんし、会社の印鑑証明書も取れませんので銀行での口座開設はできないのです。

ですが、平成30年3月12日から株式会社と合同会社では、申請から原則として3営業日以内に登記を完了することになりました。
オンライン申請の場合は添付書類を後出ししますが、その場合は添付書類が法務局に到達した日の翌日を起算日として3営業日以内の完了となるようです。

いずれにせよ、申請から1週間以内には完了するようになりましたので、混んでいる管轄だとお客様には2週間くらいはかかりますとお伝えしていた所を、3~4日で登記が完了するとお伝えできることになったので司法書士としては嬉しい所です。

法人名のフリガナの記載・公表が始まります

2018年02月07日 | 町田・相模原での創業サポート事務局

司法書士の佐伯です。

 

法務省より先日発表があったのですが、

平成30年3月12日以降、商業・法人登記を申請する際に法人名のフリガナを記載することになりました。

色々と理由はあるのですが、

単純に登記簿を見て漢字やアルファベットの商号を用いた会社の読み方が分からなくてお客さまに失礼があったり、

人に伝えるときにも苦労したりということがまれにあったので、

今後はそういったことが無くなりますね。

 

詳細は法務省のリンクを貼っておきます。

ご確認下さい。

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00109.html

定款認証のみでも依頼した方がいい理由

2017年11月15日 | 町田・相模原での創業サポート事務局

司法書士の佐伯です。

株式会社を設立するときに、定款を公証役場で認証してもらう必要があります。
東京で会社を作るならば東京の公証役場、神奈川なら神奈川の公証役場でということになりますが、
ご自身で定款を作ったあとに公証役場でチェックしてもらって定款認証の際は公証役場に行って手続きする必要があります。

定款認証だけでもそれなりに手間はかかるのですが、
更に自分で定款認証をする場合は通常は紙ベースで作成するので印紙税の4万円が別途かかります。

電子定款認証という方法を使えばこの4万円を節税することが出来るのですが、
この方法を使うにはAdobe Acrobatや電子証明書、プラグインソフト等の設備や、オンライン申請の設定等が必要となります。
一回だけの手続きのために用意するようなシロモノではございません。

町田相模原創業サポートでご依頼いただければ、定款認証のみでもお受け出来ますし、
費用は3万円~となります。
4万円ういて、3万円~也、ですので依頼した方が安くすむという話しになりますね。

賢明な方はどちらがお得かお分かりになると思います。
ご相談下さい!!

ページの先頭へ戻る